岩戸隠れ 岩戸ひらき

030-thumbnail2

はなのいわや7

2014070714430001

project Gaia Messeagesより

「イエスの母マリア最後の清算」 2012年11月28日

イエスの母マリアの殆どはイエスが十字架の道を行かせざるを得なかった事への負債、
そしてイエスの奥義を継承しながらもその使命に立てずに洞窟で生涯を閉じざるを得なかったマグダラのマリアへの負債が
今まで2000年の間、解放されずに残っているのです。

母マリアは、神の子イエスとマグダラのマリアが成そうとした使命を命懸けでサポートする義務と責任があったのですが、
その責任を果たせずにその負債だけが母マリアの最大の苦悩として、今も解放されずに残っているのです。

母マリアが自分に与えられた使命に立てなかった最大の原因は、大工の夫ヨセフとの夫婦の確執が災いしていたからですね。
ヨセフは純粋な信仰者であり、イエ スを身ごもっていたマリアを助けるために結婚をするのですね。
当時、未婚女性が身籠ることは石打の刑にあたり、それは死を意味するからです。
マリアと親戚 の祭司長ザカリアとの間に生まれたイエスの出生については誰も知らない秘密であったのです。

ヨセフはマリアと夫婦となり、子どもたちを愛するようになると、ヨセフはイエスの出生に疑問を持ち始めるのですね。
妻マリアはあくまでもイエスは神から授 かった神の子であることを貫き通して守る必要があったのです。
しかしマリアの信仰は時間と共に揺らいで行くのであり、イエスの神の子としての天命さえ理解 できずにいたのです。

世界中に無数に存在する聖母マリア像の表情は決して明るくは無いのであり、悲しくも写るのです。
霊界の母マリアからすれば、イエスとマグダラのマリアを守 り切れなかった歴史的な負債がその後2000年の間残ったままなのです。
そのことを知らない多くのキリスト教徒は、母マリアを聖母と呼び、王冠を被せた聖 母マリア像として崇拝するのですね。
母マリアはそのようなキリスト教信徒たちの姿を霊界から見て心苦しく、また辛い悲しい心情でこの2000年を過ごし、
今の救いの時代を待ち焦がれているはずなのです。

母マリアが果たせなかった課題を地上に蘇生した神の子たちが乗り越えることで母マリアは現代の宇宙経綸を牽引するために復活し、神の子たちをサポートする 主体位置に立つことで母マリアを導いた天使リリスが地上に降臨できるのであり、
そうなることでヤハウェの母性がマグダラのマリアの立場を介して初めて地上 に降臨できる基台ができるのです。

このように母マリアがその負債を乗り越えることで、マグタラのマリアが蘇生できる条件が立ち、
ヤハウェの母性が降臨する条件が立つのであり、初めて宇宙経綸が起動することが出来るのです。
これが2012年に超えて行く最大のテーマであるのです。

感謝合掌

2014/7/29 発信Ri-La

身代わりになる 生贄の記憶の崩壊

E38388E383BCE38388E382BFE383ADE38383E3838815

yjimageタワー

これほど、嘆かわしく、空しいことはない

記憶は崩壊する

失望は利己心に基づいた自己愛には限界があるということの証明である

その気づきを得る長い旅だった

生贄という残酷極まりない事に対する恐れの尻尾をとらえれば、
自己保身や操作の必要はなく
何があろうと、誰が周りにいようとその流れへとくつろぐことができる能力、
何が起ころうとためらうことなくそれに波長をあわせ任せることができる能力に気づく

宇宙の愛は理解、気づきを持って見守り、自由を許す

恐れは、依存や犠牲者を生み、闘争にあけくれた

愛に満ちたひとだというプライド(確認、証明)や安心や好意を得たいという
利己心の結実だった

恐れによる恐れのための文明は崩壊する

犠牲者、生贄には美徳はなく、被害者意識を生み、
結果、利己心に基づく自己愛に専心し
心願を捨てる決意をした記憶は今、宇宙の学びとなり、
一つひとつの原子に光がもどる

かくあるなり、かくあるべし

2014/7/24 マヤ暦大晦日 受信・翻訳 Ri-La

男性、女性を超えて

388020-1024x768-universe_resize

自身の存在に休息しなさい

今いる“場”から立ち去る勇気を

恐れの尻尾をとらえ流れていく勇気は
ダイナミックな新たな方法を見出すこととなる

愛を受け取りなさい

決断しなさい

母性となることを

2014/7/22 受信・翻訳 Ri-La

創造のポイント

ツインフレーム6

全体に波長を合わせ、
人格やエゴのコントロールを超え
「在る」

痛み、欲求不満の状態であれば、必要のない闘いを認め
古い観念を手放す

自らの真実を選びとる幸福な状態で、準備が整う

存在とひとつになる

判断したり変えようとすることなくそこにあるものを
ただ認識できる受容的な状態

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

現タイムラインから~

客観的な見地から人生をよく分析する必要がある

客観的な明晰さを保つ必要がある

優先することをもう一段変える

今後の人生に大きな影響を与えるある結論づけや
決心をする必要がある

そこにはもう一段、自分の真実を信頼する勇気が必要だ

純粋なエネルギーと繋がり
個人的な欲望や目標をあきらめ
存在の高次の流れにチューニングし
己の道、独自の道を歩き出す

2014/7/19 受信・翻訳 Ri-La

魔女の特性

d1036a08cf7b00a35503f299e79fa2ac

身体と精神とハートは一つ 三位一体

マインドの曇りを切りはらう精神力

感情にとらわれない自由な愛

自ら決断をし責任をとることができる

何があろうと、誰がまわりにいようと、その流れにくつろぐことができる能力

マインドの古い概念や観念を手放すことができる

感情を認め、それが外の世界に映し出されるに任せるという質と
自分を脇に置き、外にある人や物が映し出されるに任せる能力

本音と建前が一致し、いかなる理由があろうと
自分自身の内なる真実に妥協することはない

無垢なハートを自由に動かすパワフルな動物エネルギー

溢れるような豊かさ、軽やかなハート

2014/7/19 受信・翻訳 Ri-La

性のプログラミング

ツインフレーム3

ツインフレーム4

ツインフレーム

自分の証明をしようとする、
幼児期に現れ体験する引き継がれたDNAによる条件付けのプログラミング
パワーをコントロールのために使う
辛辣であったり、意地悪い
自由と自発性を感じとるための経験の時間
関係性への執着を手放す

これらを乗り越え、
スピリチュアルと日常生活が一致する

2014/7/19 受信・翻訳 Ri-La

参考に:

★スターピープルプロジェクト★ 2012年11月17日
「成長進化10段階の概要」

成長進化の10段階とは、1~3段階までが旧約聖書などの教えに見られる義なる行いを通して成長進化する段階、
そして4~6段階までが見えざる神を信じる ことで希望と愛を深めることを義とし、
命がけで魔性を克服することを教えた新約聖書的な段階であり、
その後6.66段階を超えて不動なる神の子となる7段階を向かえて神性に満ちた個別の個性を完成するのです。

しかし現実には、魔の6.66段階を超えきれず、人類歴史は堕落を幾度も繰り返し、今日に至っているのです。
ですから魔性を克服せず、自らの内に神の子意識が目覚めずに結婚した家庭は人類始祖の堕落を再現した家庭と
同じであるのです。

そのために人類始祖の堕落により発生したカルマを清算するためには、
たとえ夫婦であっても各々が独身の様な生活境遇の中で浄化を積み重ね、
夫婦ともに神の 子意識に目覚めるところまで成長進化する必要があるのです。
これはどんな家庭でも今日まで例外は無いのであり、神の子意識に目覚めるまでは夫婦であっても 性的関係を持つことは
避けなければいけない必要条件であるのです。

「未成熟期に性的関わりを持ってはならない。」と神から戒めが人類始祖に与えられたように、
「神の子意識に目覚めるまでは性的関わりを持ってはならない」・・・これが現代人に再現される神の戒めであり、
蘇生回帰への条件となるのです。
人類始祖の堕落の遺伝子を継ぐ現代人にも例外なく性に対する罪意識は そのカルマが許されるまでは消えることがないのです。

さて、7段階を超えて、神の子がツインソウルとして結ばれることで神の家庭を築き、
神の子を産み育むことで養父母なる神の心情を自ら体現した家庭を完成し8段階を向かえるのです。

そして次に銀河人類の祖なるヤハウェを介して宇宙本源の愛を自ら体現して行く9段階を向かえるのであり、
10段階で愛の完成基準を迎えることで地上生活を終え、輪廻転生の必要としない霊界に永生するようになるのです。
これが成長進化10段階の概要です。

しかし成長進化の途中で止む無く肉体の死を向かえた霊人は、地上に生きる子孫などに憑依することで、
地上人の成長進化の恩恵を受けながら、自ら残りの成長進化の10段階に至るまで輪廻転生の道を歩むようになるのです。

感謝合掌

http://projectgaia-wao.jp/
http://project-gaia.net/

魔女の記憶

58595_467854243251126_1605467726_n

変化している

これまでの認識は崩壊し大変容を迎えている

コントロールは視野を狭め攻撃的となる

「在る」状態により自分と他の人々にどのように滋養を
与えたら良いかを識っている

魔女のための魔女による決断はなされた

慣れきってしまった塀の中から飛び出すもう一段の勇気を持とう

純粋な生のエネルギーにより
自分の望みを守ったり隠したりすることなく、魔女となる

神秘の世界へは忍耐と体験的な理解に依り参入する

制限に満ちた観念を超えて、性を十二分に生きることにより
高次の領域へと上昇できる

できる、実現するという信念を持ち安らぎとくつろぎの中へ

2014/7/19 受信・翻訳 Ri-La

黒龍である八大龍王へ

00fc550959c7d71f466d7c32a073240bda094839
画像:Komei

地水火風の錬金術の変化は
慣れ親しんだものから引き離し
居心地のよさや定着した在り方を揺さぶる

変化は必然でポジティブな力

避けられない結果は動かし難い必然であり正当性である

終わりを迎え過去にあったものは完結に至る

さぁ、どうするか?

思慮深く考慮する必要がある

必要でない防御、用心は日の元に晒され
自己不信や自己批判という信条や確信を問い直さざるを得ない

統合は大きな変化の結果としておきる

もう十分ではないか

安心したい、好かれたいという思いから与えようとする質から
ハートから分かち合う成熟へ

選択は自由だ

決断はなされた

意志を持ち、方向性を持ち、ダイナミックに舞う

幸福とは、
決断であり、所有のない愛であり、恐れからの解放である

ハートを分かち合い独立独歩の人となり、豊かさを得る

外的要因に依らず、合わせず、自分の心に誠実、正直であることは真の自立であり
愛は進化する

2014/7/19 受信・翻訳 Ri-La

Tetragrammaton_scripts

大地から湧き出ずる清浄な水の流れにこれまでの思い患いを流す

この地上に肉体を持つと言う事は、
表面的な軽薄さや社会的な行動により、
現実に根付く必要があった

満たされず、空虚な状態から完結に向かう
すでに決断はなされている

故に現象界に大きな影響をもたらす

父なる神と母なる神は、
現象界で体験的な学びと理解を得
考察する必要性を認識した

完結を迎える

次元上昇は大きな信頼とくつろぎに向かう

復活の時

時が来た ファティマの手、邪の目は見通す

その時がくれば起こるという忍耐を持ちつつ
希望を持ち神秘の世界へ

現象界での過度な干渉は疲労困憊の状態を招く

父なる神に取って替わろうとしたエネルギーは
魔術の真意を悟らず叡智に繋がることなく
契約によって人々を繋ぐ
契約の悪用であった
愛の種を手に原子からの出発となる

叡智による契約の箱が開封される

利己中心のエネルギーは
独立独歩となり、個によるエネルギーの自立をめざすことになる
エゴによる苦しみ、問題、葛藤、困難、行き詰まりを経験し真の責任の質を識る

もう十分だ、限界を迎えている

降下によって誰もが利をえた

太陽への帰還

自由にハートを分かち合う宇宙へ

豊かさの真実が姿あらわす

祓いへの恐れの浄化

IMG_0138

必要でない用心や防御は愛という課題と
他者への欲求に関するパターンやプログラミングという
現実の結果である
無意識のごまかしが働いていた

変化や霊的成長は楽なものと限らず
不快な辛い変容を経験するが
幼児期や前世からのパターンからくる暗闇に
光をもたらすことでもある
焦点が合い集中し決然とした思考を必要とする

物事を心地よく保っておくことは、
深い次元からの表面的な逃避となる
手放し、コントロールや理解をしようとすることを
やめる勇気が必要だ
想念を手放し精神的な執着をきり、独自の人となる

痛み、怒り、悲しみ、恨み、苛立ちなどの状態から
今、閃きを得る

居心地の良いところからの前進するもう一歩の勇気は
すべてを統合し、地を覆う

父なる神はあなたがたのために決断した

物事をいい状態にしようとしたり、
古傷に絆創膏を貼ろうとしないで
本質的な変化を迎える

できることはすべてやりつくした

自分の望みを守ったり、隠したりする必要はない
祓いへの恐れは、魔術への恐れ
磔の記憶は消え去る

恐怖は日の元にさらされ、マインドのプログラミング、
問題や葛藤、困難さは新しい方向へ向かう

女神たちよ
あなたがたは太陽であり、強く、勢いがあり、平安である
忍耐強く、ロマンチィックでもあり、全人類のカウンセラーである

希望を失い、苦しみ、限界を感じたが、
目的に辿りつこうとする揺るぎない決意によって
今、
サイキックヒーラー、マザーリングの復活の時

信頼するハートからやってくる真の安全性を見出す
抑圧されていた錬金術は真の権威をとりもどす

三位一体

2014/7/14 受信・翻訳 Ri-La