PONI KULA ALA 4

4日目、目の前のワイキキビーチでアーシングです。

教会では、結婚式の準備をしていました。

まだ早い時間でしたので、静かでした。

海に進むと

さぁーっと足裏から

どんどん軽くなっていきます。

今回の旅で確認したこと、受け取ったこと、

すべてきれいに納め

感謝の気持ちを海に伝えました。

ありがとうございます。

ホテルをチェックアウトし、

お迎えがやってきました。

頼んでなかったのですが、

リムジンが来てくれました。

きれいに旅を終え

また新たなステージがやってくるそんな予感一杯に

飛行機に乗りました。

ありがとう

ありがとう

2018/5/31 code:Y

 

スライドショーには JavaScript が必要です。

広告

Poni Kula Ala 3

三日目、オアフ島を8時間かけて一周します。

ワイキキのホテルからダイヤモンドヘッドを通過し

ハナウマ湾、ハロナ、ワイマナロ、カイルア、カネオヘ、クアロア、タートルベイ、

サンセットビーチ、ワイメアビーチ、ハイレア、モアナルア・ガーデンを

訪れました。

オアフ島を貫くコオラウ山脈では毎日どこかで雨が降り、

30年かけて地下水へとろ過されるそうです。

オアフ島に住まう人々の生活用水がこの地下水で満たされています。

この山脈には王家の遺骨も隠され、先住民の人々にとり

聖地として尊敬と敬愛が寄せられています。

宮殿で目の当たりにした王家の人々の悲哀が糸に込められ、

形として残されていることと、先住民の方々の開放的な光の放射が

進まなかったことはまさに同一であることを感じつつ、

糸がほどけ、私的な感情を織ることから、

地球上のすべての存在を鼓舞し、美しい魂の記憶を

織り成す糸へ。

ごめんなさい、ゆるしてください、ありがとう、愛しています

2018/5/31 code:Y

 

 

 

スライドショーには JavaScript が必要です。

Poni Kula Ala 2

二日目、州営のバスに乗り、ホノルル美術館へ向かいました。

一日、芸術に触れようと思いました。

ホノルル美術館が管理するカハラ地区に在るShangri la 邸へ連れて行ってもらうのです。

何かある!ときめきと、ワクワクと

心にその風景が浮かび、涙がこぼれるほど惹かれていました。

日本から予約をいれて準備しました。

文化的、芸術的に人類にとって価値ある具現化であろうShangri laは、

その心の在りように触れられるという貴重な磁場であると思うのです。

It there be a Paradaise on Earth,it is here,it is hear,it is here.

「Dris Duke’sShangri la」で紹介されたペルシャ詩の一説だそうです。

この地球上に理想郷というものがあるとしたら、ここにある ここにある ここにある

さぁ出発です。

 

スライドショーには JavaScript が必要です。

 

Shanguri la邸後にして、ホノルル美術館をゆっくりと観ました。

日本の美術品や歴史的に価値ある物がたくさん収蔵されていました。

日本人でありながら、知らない日本の世界を見、

とても豊かな時を過ごしました。

中でも、蝶の羽をまとった雛人形に目が奪われました。

ほんとに美しいのです。

江戸時代のものだったようですが、

蝶の雛人形の存在は初めて知りました。

とても存在感の在る聖徳太子像は息づいていました。

日本において、時の権力者によって、光の権威が封印されてきた歴史を

考えるとき、純粋に芸術を愛する人の手によって、

真実が守られていることを感じました。

美術館を後にして、続いて向かったのは、

イオラニ宮殿です。

キルトに込められた悲哀の起源がそこにあり、

そのキルトに記された記憶がひとつひとつ糸がほどけるように

開放されていく、、、そう祈りながら、宮殿内を歩きました。

宮殿まわりに在るバニヤンの木は、大きな大きな愛の大河の流れを

顕わしているようで、解放された記憶は、ランダムに吹く風によって

大海原に運ばれている、そんなイメージを強く感じました。

この島は、島全体が浄化システムとして在るのではないでしょうか。

とどまりよどむこと知らず、

青い空に青い海、緑深い山々、風、フラダンスに顕れるspiritの炎

大いなる祓いが存在しています。

 

 

 

2018/5/30 ウエサクの満月に捧げる code:Y

Poni Kula ala

日程と滞在ホテルだけが決まり、

当日までに、向かう先の情報が集まり、

それに合わせていろいろな手配をして、

出発です。

満月時間 Utopia へ

しばらく、ご一緒していただけますか?☆彡

一日目です。

 

2018/5/30 code:Y

ウエサクの満月

27日オアフ島より帰国しました。

とにかくずっと爽やかな風が吹いていて、

空港を降りてから、ココナッツなどの香り、花の香りがしています。

日本の空港に降り立つとよりその風土の違いがよくわかります。

日本は醤油の香??と初めて自国の香りを実感しました。

とても濃い数日を過ごさせていただきました。

お父さんが日本人だというKiana Lunaというアーティストにも会い

透き通る歌声と、波の音と、海の水に洗われ、洗われました。

今回の旅で最も楽しみにしていたのは、

Shangri La 邸へ行くことでした。

「1912年、ドリス・デュークはニューヨークで生まれました。
その当時、ドリスのお父さんは、タバコ産業と電気会社で成功を収め、巨万の富を築きました。
ドリスが12歳の時、お父さんが亡くなり、ドリスは最年少の億万長者となります。
23歳で結婚したドリスは、世界中を周るハネムーンに旅立ちます。
途中立ち寄ったインドのタージマハルで、ドリスはイスラム美術に魅了されます。
そして、ハネムーンの最後の場所、ハワイを訪れたドリスは、たちまちハワイに恋します。
数週間の滞在予定を延ばし、4ヶ月ハワイに滞在したドリス。
一旦帰国したドリスは、翌年、カハラのオーシャンフロントに5エーカーの土地を購入。
ドリスの理想郷、シャングリラ邸の建設が始まります。
1938年に一応(!)完成しますが、ドリスは亡くなるまで修復を重ねながら
それはそれはたくさんのイスラムアートを、旅先やオークションで収集したり
時には特注で作らせたりして、シャングリラを創り上げていきました。
1993年、ドリスは80歳の生涯を閉じます。
もっとたくさんの人々にイスラムアートを知ってほしいという思いから
ドリスは、シャングリラ邸を一般公開することを望みました。
そして、2002年、ホノルル美術館監修のもと、一般公開が始まります。」

~理想郷 in Hawaii ♪ @ Doris Dukes’s Shangri La より~

 

今回の射手座の満月のテーマそのもののDris Dukeの感性を

目の当たりにしました。

またご紹介したいと思います。

以下転載させていただきます。

2018/5/28 code:Y

Kiana Luna

 

 

 

 

 

【満月が起こる場所】射手座
【満月になる時刻】5月29日23:20
【射手座満月のキーワード】「楽観的」「自由を愛する」「未来志向」「海外・異文化」「哲学的・宗教的」……etc.
今回の満月は、天界と地上界のエネルギーの扉が開く、といわれる「ウエサク満月」。毎年、旧暦の4月15日がウエサクにあたり、世界中にパワフルなエネルギーが降り注ぎます。日本でも古来より京都の鞍馬寺で満月祭が執りおこなわれ、世界各地でこの日を祝います。
そんなウエサク満月が今年起こるエリアは射手座。理想に向けて一直線に進む力を持つ星座です。未来志向で冒険心も豊富になる射手座満月は、楽観的な気持ちで物事を拡大発展させるエネルギーを授けてくれます。未来への恐れや悲観的思考を手放すのに最適といえるでしょう。
天界と地上界の扉が開くこの日は、射手座のエネルギーをさらにパワフルにしてくれるはず。ケンタウロスの矢を放つような勢いで目指したものへ向かっていけるよう、手放し&改善を誓ってみましょう!
射手座満月にオススメの手放しテーマ
射手座の満月は、「夢と理想」や「自己肯定感」などに対して足を引っ張っているものの手放しに最適です。「高度な学問」や「海外・異文化」に関する苦手意識なども、この満月で手放し&改善を誓っていきましょう。
★射手座満月の手放しテーマ★
「自己肯定感が低く自信が持てない」
「一度始めたことをやり遂げられない意志の弱さがある」
「新しく何かを学ぶことへの苦手意識がある」……etc.
これらの特徴に思い当たったら、手放しを誓ってみましょう。
射手座満月の改善ワーク
不必要なものを手放したあとは、その空いたスペースに満月のパワーを満たしていきましょう! 今回は下記のような射手座的長所にフォーカスして改善を誓ってみてください。
★射手座満月の改善ワーク★
「自分らしい人生を自由に生きられる人になる」
「目標へ一直線に進めるよう照準を絞り込む」
「高度な学びを自分のものにできるようになる」……etc.
今回の満月は、真夜中23時20分に月が満ち切るので、完全にまん丸となった月の光を浴びることができます。ただでさえパワフルなウエサク満月が、タイミング的にも最大の光を注いでくるスペシャルな日です。このチャンスを逃さず、月が出てから23時20分までの間に自分の願望を込めたものを月光浴させましょう。お守りやアクセサリー、新たに願望を書いた紙などでもOKです。
そして、自分自身も月の光を浴びながら、心の深いところまで光がしみこんでいくイメージで手放し&改善ワークを誓ってみてください。万一の曇りや雨で月が見えなくても満月のパワーは地上に降り注いでいます。雲の向こうにある満月に思いを馳せて、そのエネルギーを受け取りましょう。
6月21日には太陽が夏至点を迎え、宇宙の暦の上半期が終わります。つまりこの射手座満月は、2018年の上半期最後の満月です。素晴らしい下半期を迎えられるよう、自分の夢と理想を邪魔しているものをチェックして積極的に手放していきましょう。
(永沢蜜羽)

エレベストの愛

昨日、登山家栗城氏がエレベストから

天に駆け上りました。

栗城さん エベレストで「雪女」に出会った…無事祈った茂木氏が明かす

上記リンク記事にありますように、

きっと栗城氏は、

昨日も「雪女」と表現される水の女神に抱かれ、

ご自身の存在の素晴らしさを全身で感じながら、

エレベストを登頂し、

無限の可能性へと飛翔されていかれたのではと思います。

この世界に「希望」といういのりの種をまいて。

2018/5/22 code:Y

 

14番目の月

 

羽化したばかりの蝶と朝出会いました。

初々しく、瑞々しく、高貴さと、軽やかな様子にしばらく見入りました。

「愛の力」「スタンド・バイ・ミー」を世界に発信した

「サセックス公」、「サセックス公夫人」。

これから開かれたイギリス王室をとのコメントを多く見ました。

しかし、わたしはこう思うのです。

もうすでに成し遂げたのです。

この瞬間を迎えるに足る選択を重ねてきたことでしょう。

心から敬意を顕わしたいと思います。

ウェールズ公妃ダイアナ・フランセスの信じていたのは、「愛の力」

そして、心の底から欲していた「スタンド・バイ・ミー」

ご子息に受け継がれ、そして揺るがない事実、現実として動き出した

世紀の瞬間だったのではないでしょうか。

~ただ傍にいてくれたら~

この他に必要なものは何一つありません。

社会的な地位や名誉や格式を集めること=愛という図式は崩壊しました。

互いにそう念うことはフレームとして在ること、

そこからは、愛の息吹が吹き渡り成し得ないことは何一つありません。

火は純粋な愛に立ち返り、その火種はあらゆる叡智という水に導かれ

風によって宇宙に吹きわたりこの世界という土に種として撒かれ目吹きます。

分離を激しく体験してきたイギリスから統合のラッパが鳴り響きました。

ここに、ウェールズ公妃ダイアナ・フランセスの人生もようやく完結したのでは

ないでしょうか。

永遠の後悔を残すなかれ

命あるうちに心から、

愛しているということを伝えたい

13の紋章の奥には唯一の紋章が輝きます。

 

2018/5/21 code:Y

チェリーセージ

 

チェリーセージ

チェリーセージ:『燃ゆる思い』『尊重』『知恵』

 

よく午後のteatimeに訪れるお店

窓越しに眺めるチェリーセージ

この席が大好きです。

昨日、気温が30度近く上がり、梅雨どきかと思うほどの湿気

今朝一変し、気温は急降下、嵐かと思うほどの風

地球はますます人払いをし、

純粋な星に帰還しているようなそんな感覚が増します。

今日は娘の21歳の誕生日であり、

イギリス ハリー王子の結婚式でもあります。

ダイアナ妃の逝去から20年、

今日はどれほどの意味があり、どれほどの道が啓かれていくか、

低く垂れこめていた雲が風が巻き起こり一気に晴れていく

そう感じずにはいられません。

23日より私たち夫婦はオアフ島に向かいます。

結婚30年、嵐が吹き荒れる中を歩み続け

結婚以来、初めて夫婦二人で海外に行きます。

思いがけず、プレゼントいただいた旅です。

 

バウリニューアル(再び愛を誓う)セレモニー、

人生を寄り添ってきたふたりが改めて感謝の気持ちを伝え 愛を確かめ合う

「新たな誓い」という意味のセレモニー、

オアフ島を一周し
のんびり海岸を二人で眺めながら、帰還と新たな出航そんな旅になればと思います。

 

新月の翌日には天王星が「牡牛座」に移動しました。

以下転載させていただきます。

2018/5/19 娘の誕生日を祝して/code:Y

天王星の公転速度は84年ほどで、1つの星座に約7年とどまります。天王星という惑星が持つ性質と、牡牛座に移ることでもたらされる変化について紹介します。
天王星ってどんな惑星?
★天王星のキーワード
「変革」「自由」「突発的」「予測不可能」「解放」「独立」「未来的」「高度な知性」「ハプニング」「テクノロジー」……etc.
天王星のキーワードは「変革」。今まで続いてきた状況を打ち破り、新しい世界を切り拓くパワーを持っています。特徴的なのは、そのパワーが「予想外」だったり、「突然」だったりして、「普通ではない強制的な力」を感じさせるところ。人生における、「突発的で予想もできない大きな変化」の背後には、天王星の力が働いていることが多いのです。
天王星が牡牛座に移動するとどうなる?
★牡牛座のキーワード
「物質主義」「現実的」「所有欲と独占欲」「マイペース」「芸術性」「五感の快楽」「経済」「安心と安全」「保守的」「豊穣」「大地」……etc.
過去7年間、天王星は牡羊座にありました。牡羊座は「火の星座」で、「独立」や「始まり」をあらわしているので、独立のための運動や新しい時代を目指す動きが加速度的に展開していきました。「me too運動」もその1つでしょう。
2018年5月16日、天王星が牡牛座に移動することで、今後は牡牛座が象徴する「物質的な分野」で大きな変革が起こることが予想されます。「ものごとの価値観」が切り替わり、今までとは同じやり方が通じなくなったり、「経済的なことがら」に大規模な変化が起きたり。また、牡牛座は「地の星座」であることから、「自然・土地が関連する分野」での異変もありそうです。
ズバリ、こんな変化が予想される!
・経済的な分野……今ある金銭の概念がくつがえるかもしれません。仮想通貨が当たり前のように流通し、すべて電子マネーでまかなわれるようになる可能性があります。
・自然・土地が関連する分野……自然エネルギーの活用に注目が集まりそうです。既存のエネルギーからより安心・安全なものへと切り替わっていくタイミングです。また、牡牛座は農業を意味する星座なので、抜本的な農業改革が行われる可能性があります。
・所有に対する意識……人々の、ものを所有することに対する意識が切り替わるかもしれません。個々人での所有から、皆で共有するスタイルがより一般化するなどです。
・安心・安全に対する意識……安全性がより重視されるようになりそうです。オーガニック産業が盛んになったり、安心な暮らしを求めて働き方改革や雇用スタイルの見直しが行われる可能性があります。
牡牛座天王星期の過ごし方「変わる勇気」を持とう!
天王星が物質的な星座である牡牛座に滞在するということは、お金や食べ物といった、「日常的で具体的な物ごと」に変化が起こるということです。変化には痛みがつきものであるため、場合によっては、暮らしを一変させなくてはならないような大きな犠牲を強いられることもあるでしょう。
でも、どのような状況になったとしても、変化に背を向けないようにしましょう。天王星は強制的なパワーを持っているので、既存のあり方にこだわっていると、時代から切り捨てられることになりかねないからです。思ってもみなかったような突然の方向転換を求められたときこそ、天王星のパワーが効いています。経験則を脇に置いてでも、未来の発展のために変わる勇気を持ち続けましょう。
なお、5月16日に牡牛座入りする天王星ですが、2018年11月7日にいったん牡羊座に戻り、本格的に牡牛座に腰を据えるのは2019年3月から。つまり、5月~11月までの6カ月間は、一種のお試し期間となります。
2019年から始まる、天王星牡牛座期の前触れがいくつか起きる可能性があるので、心がまえを持っておくといいでしょう。
(夏川リエ)

野いちご

 

野イチゴ

野いちご:「尊重と愛情」「幸福な家庭」「先見の明」「あなたは私を喜ばせる」

 

散歩道に可憐に咲く野いちごに目が奪われます。

「キリスト教以前、アングロ・サクソン民族は、イチゴを北欧神話に登場する愛と結婚の女神フリガの果物と考えていました。フリガは神々の王オーディンの妻で、女神のなかでもっとも美しく、鷹の翼をもって空を飛び、ネコにひかせた二輪車にのって地上を走ったといわれます。また、幼子が亡くなると、その亡きがらをイチゴでおおい、ひそかに天国に運びだすとも言い伝えられています。」

花言葉はイチゴがキリスト教において聖ヨハネと聖母マリアにささげられ、両者のエンブレムになっていることにちなむといわれます。

キラウエア火山の噴火は女性性のバランスの欠いた状態、私的な怒りの爆発の記憶の現象化と共に、自らへ帰するという局面を迎え、記憶の消去へと向かいます。

向き合うことの恐れは、spirtが肉体を離れることとなり、離脱極まりなく、

明け渡してしまったことで、引き起こされた事象は見るに忍びなく、

自らの自己責任とするには、あまりに荷が重いと心は嘆きます。

その嘆きは責任転嫁を常とする傾向性(タイムライン)を生み

現実逃避=肉体からの離脱が常習化となります。

この離脱を利用され宗教的な儀式と称し、人々のマインドコントロール、

支配へと拡大していきました。

これは、二元性を強力に担保するところとなりました。

大切なことは、恐れからの逃避が肉体から離脱することを選択した記憶が

生みだした事象を目をつむらず見るということが要となってきます。

教導の怒りは自らの傾向性を強力に修正、癒しをもたらし

肉体の全細胞が起動します。

全細胞に指令が出せるのは自らしかいません。

その自覚は地に足がつく、グランディングへと導き

一貫した多次元が開かれてきます。

自らの生命を活かしきるということが現実味を帯びます。

そして、

男性性は駆け引きから遠ざかり、正真正銘の自己に充足します。

2018/5/16 革命の新月によせて/code:Y

 

 

牡牛座の新月

 

スパッティフィラム

スパッティフィラム:清らかな心・清純な心・包み込む愛・上品な淑女・清々しい日々・爽快

 

 

所有、財産、金融に「革命・改革パワー」が働き始めるとは?

所有も財産もお金も共通しているのが時間の流れを併せ持つという特徴があります。

革命・改革というキーワードに照らしてイメージすると

共通して流れている時間軸を外してみるということが言えます。

時間軸を外してみると、

所有という概念が存在せず、時という幻想によって担保されている財産も無に帰し

お金という固定化された価値対価も崩壊します。

瞬間瞬間、個性、才能により変化変容し豊かさがもたらされ、

真の繋がりによりこの世界が形成され秩序、調和がもたらされます。

80年ぶりに今回は時間軸に基づいた価値から甦った美しい魂の記憶により

世界が形成されていくという大革命となります。

以下抜粋させていただきます。

2018/5/14 code:Y
【新月が起こる場所】牡牛座
【新月になる時刻】5月15日20:48
【ボイドタイム】5月16日5:31~5:44
【牡牛座新月のキーワード】「所有・豊かさ」「すぐれた五感」「安定・安全」「ゆったりおだやか」「審美眼」……etc.
今回は、翌日に天王星が移動してくる牡牛座での新月です。牡牛座が象徴するものは安定と豊かさ。所有全般や財産など金運に関わることが牡牛座の領域になります。
そこに革命・改革の星である天王星が入ってくるということは、所有、財産、金融など、牡牛座が象徴するものに対して「革命・改革パワー」が働き始めるということ。個人レベルでは、自分の稼ぎ方、生まれ持った才能の使い方などに革命を起こせるチャンスとなります。
7年ぶりの天王星移動の前日に起こるスペシャルな今回の新月。自分の才能を生かした収入&財産革命ができるようなお願いごとをしてみましょう!
「牡牛座新月」にオススメのお願いごと
牡牛座は、上記のほかに「ゆったりと快適に暮らすこと」なども得意ジャンルです。豊かさを手に入れて、心地いい生活を送れるような願いを思い描いてみましょう。

牡牛座新月のプチおまじない
今回は、おまじないを書く前に、メタリックなチャームをお財布につけてください。チャームが苦手な人はお財布の中に入れるのでも大丈夫です。メタリックなものや未来的なもの、宇宙的なものは、天王星の運気アップアイテム。チャームのテイストも、ロケットや飛行機、星、高い塔など、空や近未来をイメージしたものがベストです。
それを牡牛座が象徴する「財産・所有」にもっとも直結した「お財布」につけることで、天王星の未来を革命するパワーと、牡牛座の豊かさパワーが結びつきます。そのお財布にたくさんの富が流れ込んでくることを想像しながら、お願いごとを書いてみてくださいね!
天王星が牡牛座に巡ってくるのは、約80年ぶり。「収入&財産革命」のスタートとなります。この波にしっかりと乗れるよう、この牡牛座新月を有効に活かしましょう。
(永沢蜜羽)