心から

お見舞い申し上げます。

多くの方がお亡くなりになり、

多くの方がいまだ行方不明となっておられます。

 

水の勢いは津波を彷彿とさせるほどの勢いに

どれほどの衝撃があったでしょうか。

西は水、東は火の浄化となりました。

 

昨日、「大義」という文字を記し、

思い浮かんだのは、

エドワード・ジョセフ・スノーデン氏です。

映画スノーデンを再び観ました。

日本に指令のもと来た時に、

情報傍受のシステムの導入を打診していますが、

国民のプライバシー保護のため、日本は受け入れませんでした。

しかし、秘密裏に工作したことを

スノーデン氏は明かしています。

この情報に対し、日本の政府はしかるべき対応が為されていません。

情報は、オアフ島から持ち出されました。

聖地として大切にされてきた山脈に

戦時中、基地として存在していたその場所が、

ある意味中枢となりアメリカを動かしていたということです。

二年前、アメリカアリゾナ州で感じた合衆国としてのアメリカとの

ギャップを感じたことをありありと思い出しました。

 

スノーデン氏はてんかんの症状をお持ちです。

以前記しましたように、

てんかんや、アスペルガー症候群の記憶の起源からみると

今回の人生でこれほどの案件に遭遇する因果はお持ちであったことと思います。

弁護士の「今は信じられないだろうが、君は独りではない」という言葉に

導かれ、心の声を最後まであきらめず信じることを選択したことで

どれほどの、魂の喜びがあったことでしょう。

無限の癒しの世界へ足を踏み入れたのです。

永らくの因果のループから解き放たれました。

極めて利己的な偏った法や価値観によって裁かれることがあっても

世界の人々が黙っていない根源的な愛を信頼するところまで

辿り着きました。

なんて、すばらしいことでしょうか。

ロシアに居住を移されましたが、

自由をどうか満喫していただき、

才能を活かしていただきたいと思います。

2018/7/8 code:Y

 

 

 

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中