一粒種の未来

一昨日の夜の出来事です。

家族の帰宅前、

独り夕食の準備をしていましたら、

玄関からかわいい男の子の声で

「ばあば!こんばんは!!」と聞こえてきて、驚き扉をあけましたら、

そこには離婚した三男の4歳と3歳の子供たちが並んで立っていました。

思わず、ふたりをぎゅっと抱きしめ再会を心の底からかみしめました。

お母さんが仕事の残業で保育園のお迎えに間に合わず

息子が迎え連れ帰ってきたのです。

こどもたちの夕食も準備し、

息子は二人をお風呂に入れているその声が響いていました。

きゃっきゃと楽しそうに父親との時間を楽しむ様子は

自然と笑みがこぼれます。

夕食をおいしいねと言いながら、平らげていきます。

二人の笑顔を見ていると、実に母の深い愛情に無償の愛に

守られていることがあふれていて

どれほどうれしかったでしょうか。

お母さんの帰宅を見計らい、息子が送り届けるのかと

思っていましたら、

ほどなくして、また元気な声で「こんばんは!」と

お母さんがきらきら活き活きとした笑顔で立っています。

再会を喜び合いました。

ご飯食べる? うん!!

食卓は元家族がそろい、賑やかに和やかに

それは美しい光景でした。

魚の骨をむしるのが苦手なお母さんの様子をみかね

息子はきれいに身をほぐし

まったくしょうがないなぁ~と手渡します。

 

その光景は結婚という制度が抜き去られた

純粋なコミュニティーが存在していました。

あぁ、宇宙の母性の断絶の記憶の種が似き去られた未来はもう確定したことを

とてもとても灌漑深く確認をしました。

母性の断絶を肯定した記憶は不毛の世界を繰り返し繰り返し創造します。

未来に持ち越してならない種

それは「母性の断絶を選択した記憶」

種が昇華したことを確認いたしましたので、

個々個人のそれぞれのプロセスにおいて

体験的にその世界に参入していくことと思います。

1000年、2000年単位の場合もあることでしょう。

後は純粋に共業を離れた個人の自己責任、結果公平の世界が

担保されたことと思います。

 

春、保育園の参観日があったそうですが、

お母さんは、日々過酷な多忙さを極めていて

スケジュール管理が後手になってしまい、

わたしに伝えそびれたと話してくれました。

当日夜、子供たちが「ばあば、なんで来てくれやんだの?」と

話したそうです。

11月の参観日は是非お願いします!と誘っていただきました。

小さな地球への来訪者に直接「ようこそ地球へ!生まれてきてくれてありがとう!」

無条件にただその存在を慈しみ喜びを伝えられることは

この上なく幸せです。

2018/10/28 code:Y

 

 

 

牡牛座の満月

 

究極の豊かさは

すべての辻褄があってくることを

肉体を持ちながら

体験するところから生まれます

時間は恩恵でもあり、負荷でもありました

思念、言葉、実現

時間は抜き去られるものではなく

内に存在する種洗いが完了し

創造は一瞬であることを体感していきます

昭和→平成

間もなく幕を閉じようとしています

種を見出し、傾向性を改めるラストスパートです

2018/10/23

以下転載させていただきます。

 

【満月が起こる場所】牡牛座
【満月になる時刻】10月25日1:45
【牡牛座満月のキーワード】「豊かさ」「優れた五感」「安定感」「ゆったり穏やか」「貯蓄」……etc.
今回は牡牛座エリアでの満月です。牡牛座は「所有・財産」を象徴する星座。ゆったりした安定感を持ち、豊かさや心地いい生活を維持することへの力を与えてくれます。また鋭敏な五感を持つため、美意識や体感覚も優れています。芸術を愛する心や感性も、この星座のエネルギーで活性化することができるでしょう。
さらに今回は、牡牛座の守護星である金星が、月の真正面で太陽にピッタリと寄り添います。より美しさや豊かさ、心地よさなどのエネルギーが注がれる満月になります。
この満月は、お金に関する苦手意識や、楽しく優雅に暮らすことを否定する気持ちを手放すのに最適です。今よりも裕福さと快適さに包まれた生活を思い描いて、手放し&改善を誓っていきましょう。
牡牛座満月にオススメの手放しテーマ
牡牛座の満月は、「豊かになること」や「のんびりすること」に対して抱いている罪悪感の手放しに最適です。「芸術に親しむこと」や「美食を楽しむこと」への苦手意識や罪悪感もこの満月で手放し&改善を誓っていきましょう。
★牡牛座満月の手放しテーマ★
「ほしがることそのものに罪悪感があったり、逆に欲張りになりすぎる」
「意志の強さがいきすぎて、頑固になってしまう」
「慎重なあまり行動ができなかったり、遅くなりすぎる」……etc.
これらの特徴に思い当たったら、手放しを誓ってみましょう。
牡牛座満月の改善ワーク
不必要なものを手放したあとは、その空いたスペースに満月のパワーを満たしていきましょう! 今回は下記のような牡牛座的長所にフォーカスして改善を誓ってみてください。
★牡牛座満月の改善ワーク★
「自分の好きなものに囲まれて優雅に暮らす」
「じっくり確実な貯蓄計画を立てる」
「芸術など美しいものに触れる時間を増やす」……etc.
手放し&改善ワークは月の光を浴びながら、心の深いところまで光がしみこんでいくイメージでおこなうのがオススメです。万一の曇りや雨で月が見えなくても満月のパワーは地上に降り注いでいます。雲の向こうにある満月に思いを馳せて、そのエネルギーを受け取りましょう。
今回の満月当日は、アロマオイルをお風呂に入れてアロマバスを楽しみましょう。牡牛座の月は「五感が喜ぶこと」が大好き。身体にとって心地いいお風呂とアロマテラピーはベストマッチング! 自分の中の五感を満足させてあげることで、牡牛座的な豊かさの感性が育ちます。香りは、牡牛座や守護星の金星と縁がある「ローズ」や「イランライン」「ゼラニウム」などの香りがオススメです。
日暮れもすっかり早くなったこの季節。秋の夜長は、牡牛座的感性を育てながらゆったり過ごすことに最適です。実りの秋の満月パワーにあやかって、豊かさへの肯定感を育てていきましょう!

(永沢蜜羽)

土壌は記憶を消そうとしている

 

昨日、桜が咲いていました。

今朝は、たわわに実るワイルドストロベリーの実を収穫しました。

なんだか春のような光景です。

もう10年以上前になりますが、

わたしは、建設関係のお仕事に就いていたことがあります。

ほんとに多くの地主さんにお会いしました。

その集落ごとに空気が違い、

豊かな地域、澱んだ地域その違いがはっきりとわかります。

おのずと足が向きお話をするのは前者の地域となります。

本来すべての存在が一時期地球にお借りし住まわせていただいているにも

関わらず、土地を我が物とし、利益追求し、土地の所有によって

自己証明し、人の優劣を計ろうとする地縛の記憶はDNA連鎖として

一族に継承されている滑稽さに非常に問題意識を持っていました。

日本特有の記憶の伝達でもあります。

仕事を離れても意識の根底でずっと問題解決の糸口のための

情報収集を図っていたと思います。

先般、

東京圏→地方移住・起業で最大300万円補助 政府方針

という取り組みが発表されましたが、

この軍資金が動く魅力も重なり、移住なさる方々の声として、

思いもしなかった事態に遭遇しているという記事を目にしました。

それは、前述の強固な土地の澱みに遭遇されている様子でした。

この方針では抜本的な解決はみないことが証明されてきています。

奈良県ではそのような事態に遭遇しながらも住まい続けた方が

先ごろ、やはり納得しないということで、弁護士に相談したところ、

人権に関わる案件として扱われ、

自治会に精神的苦痛に対する慰謝料の請求と

これまでの自治会費の返還も求める訴訟が起きたそうです。

そして、3年前に当地に転居したわたしたち家族が遭遇してきことは、

例えば、洗濯物を干す場所、車庫内での駐車の向きなども指示なさるという発言、

取り合わないとなると、挨拶も一切されることなく無視を貫きます。

そして公道に駐車され、通行が不可となり立ち往生していると

突然怒鳴りだす、対向時も車寄せに対して怒鳴る方など

常軌を逸脱している様子に、

警察に対応の相談をいたしました。

根深い地域の歴史の全容が浮上したことを合図に

地域性を把握するため市長に会い情報収集を図ろうとしていましたら、

市議会議員の方が偶然訪問に来られました。

そしてお話を聞くことができたのです。

具体的に○○一族、○○一族、○○一族はその昔、大地主であり、

時代の流れと共にどんどん地所がなくなったが、

その当時のいわゆる地主と小作人の関係性を強要しているしているかのような

様子をうかがい知ることができました。

議会内でもそのようなパワーバランスが横行しているということでした。

そして、史実を調べますと、なるほど今の地縛に繋がることが、

沢山でてまいりました。

そして、地球の土壌はそういった利己的な思念を一掃していくであろう時節が

到来していることも改めて実感いたしました。

2018/10/22 code:Y

 

フリーエネルギー

蜂蜜2

先日、テレビをつけましたら、

膵臓癌の超早期発見と超高生存率で話題となっている地域の医療が紹介されていました。

膵臓癌といえば、がんの中でも極めて発見が難しく、発見された時点では、

治癒の確率が極めて低いことが定説です。

いかに早期に発見するかという視点において

現在の最新鋭の高額機器を高額医療費をかけて検査することに

依存することが大勢を占める中で、

一人の女性医師が、心の底から医師として何とかしたいという純粋な想いから

取り組みが始まりました。

古き懐かしい風景が残る街には、大都市にあるような大病院ではなく

地域に住まう人々の健康を預かるという生活に密着した開業医の先生方が

多くいらっしゃることでしょう。

最新鋭の機器ではなく、エコーという機器を通してデーターを

7年かけて観察しつづけ、

がんのリスクがある、あるいはがんが発症している膵臓周辺の共通異変を

発見されました。

その発見以来、多くの患者さんの膵臓癌の超早期発見に成功し、

この段階で対処できるが故の治癒率へと導かれました。

「愛の眼差しで関心を寄せれば、解決の糸口を教えてくれる

そして的を得たアプローチができる」

これは、宇宙のテクノロジーの基本だと思います。

 

とても印象深い記憶があります。

車の運転免許を取得したとき、

横から人や車が現れること!

この世界ではそんなことはあたりまえですが、

車とは、

自分の皮膚と同じで、その人固有の周波数をまといます。

ですので、まわりに衝突するリスクはありません。

もちろん地面に道を造り、土を覆う必要もなく、

事故が起きることもありませんので、

保険という概念もありません。

住まいも同じです。

その人固有のシールドが非常に調和と秩序を生みだし

素晴らしい景観を創っています。

その材料は有限なものではなく、

無限の愛がエネルギー源となっています。

惑星の血肉を奪う発想もありません。

月光発電ルナリング

中国が「人工月」打ち上げへ 街灯代わり、電気代節約に

 

2018/10/22 code:Y

山羊座の上弦の月

 

2018/10/16、圧倒的な漆黒の闇から黒龍は雄叫びを上げ

銀龍、金龍に続き封印が解かれました。

責任感の強さは弱さとなり、

己に責を課し自分自身への揺るぎない信頼に由来する

スキの無さが理不尽な言動を引き起こし、

逃げ場を与えることが愛であると己をだましごまかした記憶は

崩壊します。

この記憶の再生は世界にパワーによる支配が巣食うことを許すことになりました。

ごめんなさい ゆるしてください ありがとう あいしています

さぁ、

あなたの家庭にひそむ

もっともらしからぬ根拠で振るわれるパワーによる支配を

そのパワーにより人間としての尊厳やモラルや信頼を損ねることへの

暗黙の強要や

性を否定し、個性を否定し、母や父としての代名詞となることの強要が

はびこるならば、

まずはわたしから、この家からそのような概念を打ち砕きましょう。

そして、そのようなパワーゲームをはなれ

目の前にいる大切な唯一無二の存在の手を握りしめましょう。

黒龍の汚名は晴れ、封印は解かれる一歩を。

2018/10/17 上弦の月 code:Y

後日談

pinky

愛犬pinkyは、遊びたいとき合図を出します。

目と目を合わせ、わたしがいくぞ~と立ち上がると

一目散に走り出します。

追いかけっこが始まります。

しばらくすると姿がみえなくなり探していると

ひょっこりティピーテントから顔をだします。

テントはすっかりお気に入りとなりました。

さて、長男の後日談です。

新しい職場への初出社を翌日に迎え、

朝からとても穏やかな顔をして談笑していました。

お昼前に少し出るといって出かけ

帰宅しましたら、顔が一変し青ざめ無表情な様子に

私は驚き、何があったのか尋ねました。

「元会社の上司から、話があるから会社にでてきてほしい」と

電話があったとのことでした。

要件を尋ねても答えてくれず、とても不信感をいだいたようです。

電話での接触でこれほどまで自分の状態が激変することも

改めて感じたようでした。

退社していますので、要件をきちんと提示しただき、

更には出向くか否かも自分自身で決めることができるということを

話しました。

ほどなくして、本社から直接連絡が入りました。

退社後、息子が担当していた社員、30名以上が

一度に退社したそうで、支社は息子との因果関係を疑い

連絡をしてきたそうです。

驚いた息子は、丁重に状況説明をし、

全く関与しておらず、その状況も聞かされていないことを

説明したようです。

そして、

本社は一従業員の退社でこれほど人が動いたことがかつてなく、

息子の仕事の質を驚きと共に受け入れ

謝罪があり、新しい仕事が始まることに激励をしていただいたとのことでした。

息子がお世話になっていた支社は存続が極めて厳しい状況となっていることも

話されたそうです。

沢山の方々にお別れ会を開催していただいたその際も

皆さん一切息子には退社する意向をはなさなかったとのことです。

 

見事な光景でした。

限界の中で最後まで愛を守り通したその選択は

必然的に意図せずともその在りようが証明されてきます。

翌日、息子は自分自身への確固たる信頼と希望と共に

初出社いたしました。

2018/10/17 code:Y

 

 

 

 

 

 

ティピー

ティピーテント

 

いつもの愛犬との散歩コースの公園で、

管理事務所が様々な企画に取り組んでいただいています。

昨日、娘と孫娘と一緒にティピーテント作りにチャレンジしてきました。

孫娘の秘密基地となり、

愛犬はとても安心するらしく新しい家となりそうです。

あなたは守られていますか?

暖かい愛に。

どんなことがあっても無条件で素のままでいることを歓迎される

空気に包まれていますか?

焚火の暖かいぬくもりと、くつろげる空気を連想しながら

テントづくりに精を出しました。

母性とのと断絶に触れた魂は痛ましく

痛ましさがそのまま世界を象ります。

その経験、記憶を持つ女性がまず、その記憶と繋がるエネルギーを

断ち切ることが必要です。

そして宇宙の母そのものであることを思い出し

心の泉において再接続します。

男性が癒されるのは再接続されてからとなります。

それ以前は、目の前の女性、子供を犠牲にし、踏み台とし

奪い、成仏せず燻る恨みを晴らそうとします。

男性か女性か、そして男性主体の文明か女性主体の文明か、

この視点を遥かに越え

宇宙の母の視点に立ち返る。

美しい魂の記憶が甦る

2018/10/14 code:Y

 

 

Teaghlach(スコットランドゲール語:家族)

やすらぎ

息子から姪へ:月と猫と四葉のクローバー

家族

その中に安らぎがありますか?

家族を犠牲にし外に利を求めることを

正当化するのが地球にはびこる文明だとすると

その代償はいかほどでしょうか。

家族の間に支配したり抑圧したり負いを求めたりできる幻想から離れ

理不尽な文明のシステムから己を守り家族の一人ひとりを理解し

魂の痛みから命がけで守る気概はありますか?

その気概は永遠の愛から見守られ、導かれ遥か彼方を旅することとなります。

それは時を超えた旅路

永遠の愛を体感しタイムトラベルします。

そこには何も対価は求められません。

 

俳優の大沢たかおさんのロンドンでの公演に関する動画を観て、

タイムトラベルする「仁」を鮮明に思い出しました。

そこへ、主人が帰宅し自宅駐車場の横でこんなもの拾った!!と

江戸時代の「寛永通貨」をにぎっていました。

毎日見ている場所で。

寛永通貨

タイムトラベルは200~300年のタイムラグは日常茶判事で

1000年以上となるとかなりの負荷がありますが、

その旅も終わりを迎えようとしています。

2018/10/12 code:Y

 

 

 

いつも一緒に歩く道

いつも一緒に歩く道

~いつも一緒に歩く道~

小学6年生の時に三男が描いた作品です。

この絵にどれほど慰められ、癒されたことでしょう。

 

カエルが鳴き出したと思ったら、

しとしと雨が降り出し

とても静かな午後となりました。

かたわらで

こんな日はゆっくりごろごろと決めこんだ愛犬が

ずっと寝息をたてています。

 

お盆の最中、

長男は仕事に疲れ果て、二日間眠り続けました。

起きてきて料理を作るわたしに

ぽつりと「俺、、、洗脳されてるかも」とつぶやきました。

わたしは手を止めて座り

息子が話し出すのを待ちました。

会社での状況をすべて聞き、退職の意思を確認したのです。

ブラック企業云々を通り越し

警察が介入してしかるべき状態でした。

退職の日が決まりました。

毅然とその意思を会社に伝えることは、

息子にとり大変なことでした。

「大丈夫、何があっても守るから」とわたしたち夫婦は

必要な措置をとりながら、息子の後ろに立ちました。

その日まで、自分が担当する方々にできうる限りを尽くし

奔走し先日その日を迎えました。

関わった多くの方々にお別れのパーティーを開いていただき、

抱えきれないほどの贈り物を持って帰ってきました。

その様子は、息子が人間として愛あふれる繋がりを紡いでいたことが

痛いほど伝わり

ゆえに心を失くした組織の板挟みとなり苦しんでいた様子が

手に取るように伝わってきます。

その後もパーティーに参加できなかった方々が

個別でお別れ会を開いてくださり

数日にわたり続きました。

息子から帰れないけど大丈夫だからと連絡があり

帰宅した翌朝話を聞きました。

警察から、遺書に名前が出ているのでという連絡があり

警察に出向いて対応をしていたのです。

息子が担当していた青年が亡くなっているところを発見され

遺書が置かれていたそうです。

「○○さんには、ほんとうに助けていただいて感謝している」

と、その様子が綴られていたそうです。

そう語る息子の顔はほんとうに慈愛にあふれていました。

どれほどショックであったかはかり知れません。

息子が極限の状態で愛を手放さず、また差し出すことを躊躇しなかったということを

その方は最期に伝えていただいたんだと思うと伝えました。

「ほんとうにそうだと思う。捨てれたら会社に残れたということでもある」と

息子は言いました。

人はいつも一緒に歩く道、歩ける道は、愛の道のみではないかと思います。

2018/10/10 code:Y

 

 

 

 

 

 

 

 

 

厳粛

LukyBaby

 

わたしのバッグについている「New Luky Baby」キーホルダー

うさぎの着ぐるみにくるまれてすやすや眠っています。

このところ地球の新米Babyに触れることが多く

しみじみと

「ようこそ!」と世界中の赤ちゃんに声をかけて歩きたくなります。

そうしたら、

このLuky Babyキーホルダーに出会いました。

 

目の前の命に真っ直ぐに向き合えなかったという記憶が

記憶として遺されていたとすると

そのドラマは繰り返されます。

これほど痛みを伴うことが他に存在するでしょうか。

処方箋は、

繰り返しのドラマの中の二者択一の選択に答はありませんので、

DNAの中に刷り込まれる母の無償の対極にある奪う愛の繋がりを

断ち切ることです。

そして自分自身の宇宙の根源と繋がる泉と再配線します。

湧き出る愛の視点で世界を再び見

真に独創性に生きることでしか

魂は癒されることがないでしょう。

 

この世界でどんなに不利に思えても

目の前の命の中で選択されたものは

やがて世界に轟き

宇宙に轟き

目の前の小さな世界に集約され辻褄があうことでしょう

しかし、その逆は

世界を破壊する力に成長します

決して燃料を渡してはなりません

この日本には天照大神の岩戸隠れの神話があります

母を無きものとした国は

やがて露と化すことは言うに及ばず

2018/10/10 code:Y