オープンマインド

 

苺の葉が真っ赤に紅葉しています。

庭に際立っています。

気候の変動が激しい中で、季節の移ろいがあることに

心から安堵します。

新月を経て、

ある変化が起きだしています。

HSP(Highly Sensitive Person)の目覚め

エンパス

昨年夏の投稿を参照いただけるとと思いますが、

ここに再度記します。

「エンパスとHSPは同じようにみえて実は全く違います。
エンパスはある種の記憶の再生による「常態」であり、
HSPは「エネルギーの特性」です。
エンパスの方は、ご自身の心の声を聴くことに関して
大変リスクがあります。
何故なら
日常的に相手の気持ちをまるで自分の気持ちのように感じている常態であり、
常態であることの認識ができていません。
自分自身に他者のエネルギーの関与を許してしまっている状態だからです。
ですので、「特性、個性」として扱うところにリスクが生じます。
まず、客観的に「常態」であることを認識する必要があります。
「特性、個性」として扱った場合、
共鳴=愛としてはき違えた状態が固定化され、
はき違えた状態が、更にそのループを許し拡大し
目覚めに程遠い状態を生みだします。
結果、エンドレスのループを選択していくこととなります。
地球はこれまで、そのループを許しカルマの転生輪廻が
存在していましたが、母なる地球は、そのシステムを
今後持ちません。
そのシステムが許される領域は火星だといわれています。
今、地球と火星は接近し役割をバトンタッチしていきます。
地球においてを含めこれまでのspritの記憶を消去された状態であることは
言うまでもありません。
エンパスの常態化は、
未来から過去へ、過去から未来への旅路により、
種を洗うミッションには、気が遠くなるほどの孤独が生じましたが、
地球上に存在するポータールは
ようやく唯一の未来にチャンネルが絞られた、そんな知らせを
夜宙がもたらしました。」(抜粋)

この様子が、現実的にグランディングされてきました。

このループからひとり、またひとり

自らの選択によって深い深い霧の中からどこまでも青い青空に一歩踏み出します。

オープンマインド、真の共感、共時性が現実的に多くの方々が体験することと

なるのではないでしょうか。

 

2019/11/30 code:Y

 

 

 

射手座の新月

スライドショーには JavaScript が必要です。

 

水はすべてを記憶し、

その記憶を精査し、

解き放つ

二つを一つに結び

水、火、風、岩は、

ひとつの意図により

喜び創造する

天の川銀河がアンドロメダ銀河に帰還する

2019/11/26 code:Y

以下転載させていただきます。

【新月が起こる場所】射手座
【新月になる時刻】11月27日0:06
【ボイドタイム】 11月28日19:51~21:34
【射手座新月のキーワード】「自由」「向学心」「楽観性」「オープンマインド」「未来志向」……etc.
射手座は、旅と哲学を司る星座。いつでも今よりもっといい理想郷を目指して、精神性を高める何かを学び続けたり、次から次へと新天地を求める旅を続けます。
射手座が象徴する「旅」とは、現実的に旅行に行くことだけではなく、異文化に親しむことや精神世界を探求するような、「物心両面の旅」を示します。そのため射手座新月は、「夢を追い求めること」や「自由に自分らしく生きること」が得意ジャンル。また、「自己肯定感を高めること」や「自分の世界を広げること」などもかないやすくなるでしょう。
さらにこの日は、魚座エリアで海王星逆行が終了します。海王星は、夢やビジョンを広げていくという意味において、射手座のエネルギーとは相乗効果のある惑星。逆行が終了することによって、夢の成就が順調に進みやすくなっていきます。
射手座がもつ拡大発展力を前向きに取り入れて、大きな夢と理想に向けて矢を放つようなお願いごとをしてみましょう!
「射手座新月」にオススメの願いごと
射手座には上記のほかに、「高度な学び」という得意ジャンルもあります。今回の新月は、知性やコミュニケーションを司る3ハウスで起こるため、「何かを学び始めること」や「知識や資格の習得」などを願うのもオススメ。「異文化コミュニケーション」や「語学」に関する願いも成就しやすくなります。
★お願いごとの例★
「自由の素晴らしさを味わえる人生を送りたい」
「好奇心を満たしてくれる学びに出会いたい」
「定期的に旅行に行けますように」
「オープンマインドで他人と関われる自分になりたい」
「語学を使って海外で楽しく仕事をしたい」
「自分の幸福な未来をワクワクと思い描ける人になりたい」……etc.

射手座新月のプチおまじない
お願いごとを書く前に、いつもより少しだけ贅沢な「ブドウ」を買ってきましょう。そして、ゆったりと味わって食べた後に、お願いごとを書いてください。ブドウは射手座の守護星である木星に縁のあるフルーツ。木星&射手座がもつ拡大・発展力とつながることができ、新月のお願いごとの成就を後押ししてくれるはずです。
この新月を過ぎる頃には街は一気に年末ムード。2019年にやり残したことや進みの遅れている夢などのラストスパートを願うのもオススメです。開放的な射手座新月パワーで楽しい未来を思い描いてみましょう。
(永沢蜜羽)

pinky&key12

伊勢にて、

「親謁の儀」が行われ、

名古屋にて、外務大臣が一堂に会するG20が時同じくして行われ、

昨夕は、ローマ・カトリック教会のフランシスコ教皇が来日し、

日本に節目のエネルギーが集中する数日であったと思います。

 

日本の皇室も、ローマ・カトリックも同じく生前退位という選択をし

どちらも男系、男性です。

二つの流れを眺めれば、共通していることが確認できます。

ローマ・カトリックの初代教皇は、ペテロでしたが、

その礎は、

真の教会、サンクチュアリ、母性であるマリアマグダレーナとその子孫を

結果的に根絶やしとする周波数によって成り立つ権威でした。

日本の皇室においても、

瀬織津姫を亡き者とし、男系、男性によってその独自性が担保されていたという

記録が連鎖していますが、

母性を愛し認め受け入れ自らの内に臨在することを喜び、誇りとすることで

永遠の輝きを自ら放ちつづけることとなります。

男系であるか、女系であるか、あるいは男性か女性かという議論を遥かに越えて

燦然と光放つ母性の臨在のみが継承されていくということではないでしょうか。

天皇陛下がこの地球上に存在する、あらゆる問題、課題はすべて水問題から起因するという

洞察を導き出されたということは、ある意味皇室そのものの記録、ルーツを紐解かれ、

氷解させ、今後の流れに対し、大きく舵を切られたことでしょう。

このターニングポイントは宇宙史に深く刻まれるのではないでしょうか。

今の時間は、フランシスコ教皇は長崎爆心地公園にてメッセージを発信し、

教皇のお見送りは、ひまわりの歌。

2019/11/24 code:Y

 

アンドロメダ

pinky&key11

 

アンドロメダ銀河と天の川銀河が衝突…40億年後の夜空はこう見える

 

アンドロメダから、この宇宙に残してはならない種をあらうため、

分離した天の川銀河

この地球は種を集約され、

永らくの旅路において

ようやく、終了し

アンドロメダと再びひとつとなるプロセスが始まりました。

2019/11/20 下弦の月 codo:Y

樅ノ木

 

今朝、5時ごろ月を眺めました。

モミの木の枝を玄関に活けましたら、

清廉な香りが立ち込めました。

モミの木はクリスマスツリーのイメージがありますが

原産は日本だそうです。

花言葉は「高尚」 「昇進」 「時間」 「永遠」

明日から明後日にかけて

大嘗祭が行われますが、

過去も未来も今に集約され

いわゆる神懸りとは、

自分自身そのものが顕現される、

肉体を携えながら、ハイヤーセルフそのものであることが

現実的に周知の事実として、認識される瞬間を迎え、

それが、日本の民族の象徴となります。

自分自身でない存在をオバーラップさせる=神懸りという概念は

もはや過去の遺物となります。

2019/11/13 code:Y

牡牛座の満月

苔玉

杉の苗を苔玉にし育てます。

杉の花粉はアレルギー源として多くの方が敬遠されますが、

花言葉は、「雄大」「君のために生きる」

この君のために生きるという意味がありますのは、

中国の「連根の杉」という伝説からきています。

元々二体一対である存在は、どんなに分離しようとも一本の木となる様を

表します。

関連する数字は「121」「21」「3」

高天原(宇宙)、相思相愛、1から別れ再び合一し調和、安定を表し

聖なる統合、レイを表します。

この状態から導き出される在りようは真の豊かさの周波数です。

 

 

子育て支援のための講義において、いわゆる発達障害に分類される様々な症例を

個別具体的に知り、そして認知症支援のための講義を受けた方から

お話を聞き、一連のプロセスとして繋がりました。

認知症と診断された方々の幼少期から人生全般にわたり、

見られる特徴が共通していました。

それは、この単一方向にそこに属する人々を縛る価値観や社会通念の中において

自分が持つ特徴によって適合しない生きづらさから、

欠損だと主体的に捉えた部分を隠し、補うために、他の機能をもって

この社会に生き残ろうと不断の努力を重ねていたというものです。

「与える側でなければならない(ありたい)」

「支援する側でなければならない(ありたい)」

ということに頑なに執着する状態です。

体の機能が衰えば、それまで隠し、補うことができたことも不可能となります。

個性を愛し受け入れ、不必要な傾向性を手放すことで、遺伝子(DNA)情報は

確実に変化し、症例を引き起こす状態は消滅するのではないでしょうか。

すべての存在が個別具体的な当事者であることを受け入れ認めるところからしか

始まりは訪れないということではないでしょうか。

そしてその始まりは、存在そのものが天職であることに思い至ります。

2019/11/11 code:Y

以下転載させていただきます。

【満月が起こる場所】牡牛座
【満月になる時刻】11月12日22:35
【牡牛座満月のキーワード】「財産・所有」「安定」「優れた五感や審美眼」「心地よさ」「持続力」……etc.
牡牛座は物質的な豊かさを象徴し、その豊かさを継続させる安定性が高い星座。愛と美の星・金星を守護性に持つため、美しいしいものを見分ける審美眼や、心地よさを判断するセンサーも発達しています。また、自身の才能を使って稼ぐことなども、牡牛座の得意分野といえるでしょう。
今回は、蠍座エリアで満月と向かい合う太陽に、逆行中の水星が寄り添い、豊かさを司る牡牛座の満月に、蠍座の太陽&水星から復活と再生のパワーが注がれる貴重なタイミングです。自分のお金のことや稼ぎ方、心地よく暮らすためのことなどを見直し、改善するチャンスがおとずれるとき。
今ある経済基盤や、これからの転職、または自分自身の天職などについて、豊かさを思い描きながら改善点を洗い出していきましょう!
★牡牛座満月にオススメの手放しテーマ★

今回の満月は、牡牛座的な長所が裏目に出た場合の「頑固さ」や「執着心」などを手放すのにも最適です。そのほかにも、食べ過ぎや部屋が片付かないなどの問題があったら、この満月で手放していきましょう。
★牡牛座満月の手放しテーマ★
「ものをため込みすぎてしまう」
「お金に対するこだわりや不安が強い」
「頑固で自分の考えに固執する」……etc.
これらの特徴に思い当たったら、手放しを誓ってみましょう。
牡牛座満月の改善ワーク
不必要なものを手放した後は、空いたスペースに満月のパワーを満たしていきましょう! 今回は下記のような牡牛座的長所にフォーカスした改善を誓ってみてください。
★牡牛座満月の改善ワーク★
「豊かで快適な生活を送れるようになる」
「ゆったりした安定感と持続力を手に入れる」
「生まれ持った才能を収入に変えていく」……etc.
手放し&改善ワークは、月の光を浴びながら、心の深いところまで光がしみ込んでいくイメージで行いましょう。万一の曇りや雨で月が見えなくても、満月のパワーは地上に降り注いでいます。雲の向こうにある満月に思いを馳せて、そのエネルギーを受け取ってください。
今回の満月は、22時半頃に「月が満ち切るタイミング」を迎えます。豊かさを象徴する牡牛座満月を、まん丸の状態で見ることができる絶好のときです。月が見える場所で、おいしいものを食べたり、夜のティータイムを楽しんだりしましょう。
牡牛座の象徴する「豊かさ」は、ゆったりとした時間やおいしいものが大好き。満月を見ながらそうした時間を過ごすことで、豊かさを招き寄せる牡牛座的な運気を活性化させることができるでしょう。
日を追うごとに夕暮れが早くなる時期に起こる牡牛座満月は、秋の夜長を快適に過ごす知恵を与えてくれる月です。自分自身の身体や生命そのものという「財産」に目を向けて、より心地いい生き方を思い描いてみましょう。
(永沢蜜羽)

RAY OF WATER(追記あり)

RAY OF WATER

先ほど、

天皇陛下の御即位をお祝いする国民祭典にて奉祝曲が披露されました。

「RAY OF WATER」

天皇陛下が、水の研究を進められるなかで

地球上に存在するあらゆる課題、問題の根源は水であるということに

思い至たられたということを考えれば、

「水」はすべての周波数を吸収し記録する性質があるということでは

ないでしょうか。

「RAY」とは、美しい記憶が甦った状態であると言えますので、

生命の根源であり、母である水が保持する記録の浄化が完了し、

純粋な水に回帰した未来が決定した瞬間を

深く深くかみしめ、

奉祝曲の演奏を聞かせていただきました。

(追記)

11/1には、ローマ法王は、「あらゆる水の民営化は、人権を犠牲にするもので、

容認できない」とするメッセージを発表しました。

2019/11/9 code;Y

 

立冬

立冬

立冬を迎えますが、

散歩道で桜が咲いていました。

即位の礼のパレードの日が近づいてきました。

母性そのものの存在を亡き者とする記録は、

M6→オリオン→アンドロメダ(M31)→地球の変遷を経てきましたが、

地球で記録が紐解かれ、

確実に記録の消去の時を迎えます。

1年前の記事を再掲します。

双子座の満月

すべての人が個別具体的な個性、母性という幹に繋がり、

その個性は唯一無二

どれ一つ欠けてもこの宇宙は存在しません。

宇宙の一員であることを誇りに想う。

2019/11/8 code:Y

hawai

スライドショーには JavaScript が必要です。

 

5日夜ハワイから帰国した息子が空港から何枚もの写真を送ってくれました。

その写真には、一緒に旅をした母のこの上なくリラックスしたうれしそうな笑顔が

私の胸に万感あふれるものがありました。

父の生前は結婚記念日には必ず二人で旅をしていた母ですが、

今回は孫のエスコートによってのハワイ旅行。

子どものように喜ぶ笑顔に涙が溢れました。

旅の途中、息子は、結婚記念日おめでとうと言って、

現地のショップで見つけたスカーフを祖母にプレゼントしてくれたようです。

母は南国のイメージ満載のスカーフをまとい

ほんとうに温かい気持ちに包まれたようです。

想えば、

父の他界の折、

オーストラリアから帰国していた息子が、

その最期の道のりと向き合い寄り添い続けてくれたことが甦ります。

母の気持ちにも寄り添い

その後の母の道のりにも心通わせてくれていました。

息子はそうした流れの中を貫く1本の光明を受け継ぎ、

血肉とし自分という器を通して分かち合う姿に

わたしは、底知れぬ安心を確信します。

 

ハワイでは

ちょうど、首里城の火災直後でしたので、

庁舎はお見舞いの意をイルミネーションで表していただいていたようです。

 

2019/11/7 code:Y

生まれてはじめて

スライドショーには JavaScript が必要です。

 

昨日、孫は生まれて初めて馬に乗りました。

はじめは、緊張してガチガチ、顔もうつむきこわばっていましたが、

馬がゆっくりゆっくりパカパカと歩き出すと、

だんだん体がゆるみ、背筋ものび、顔もほころび真っ直ぐ前を向いて

馬の揺れに心地よく心身共に委ねていました。

この牧場にはポニーが4頭、馬が30頭ほどいます。

わたしも何年かぶりに馬に会うことができ、

厩舎で1頭1頭あいさつし、なでました。

首筋をなで話しかけると、ときおり手をなめてかえしてくれます。

この牧場に入る前、

街中の住宅街で、土地1区画を牧場にして、かわいい厩舎がつくられ、

ポニーが飼われているのに遭遇し、とても驚きでしたが、

とても快適に暮らせるようよく手が行き届いていました。

孫はこれから馬との時間が始まりそうです。

2019/11/5 code:Y