オールドローズふたたび

IMG_9366

 

調香師に続き処刑人

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)より引用させていただきます。)

~「ムッシュー・ド・パリ」のサンソン家4代目シャルル=アンリ・サンソン。
彼こそが人類史において2番目に多く処刑をこなしたとされ、心優しく慈愛に満ち、かつ強固な死刑執行・反対論者でした。

サンソンは国王と面識があり、その人柄に敬愛を感じていました。

フィクションの影響からか、無能で趣味にかまけた愚鈍な暗君とされることも多いルイ16世ですが、実際は勤勉かつ慈悲深さを備えた善良な王であり、革命前までは人気もありました。
彼が革命を止められなかったのは、ルイ14世と15世の浪費で財政破綻していたことが大きいでしょう。

国王をギロチンに送り込む側の理屈はこうでした。

「確かにルイ・カペー(ルイ16世の退位後の名)は悪い男じゃない。だが本来主権とは庶民にあるもので、王とはその主権を簒奪しているのだ。王政そのものを裁かねばならない」

処刑賛成派と反対派の意見は拮抗。しかし、僅差で賛成派が勝利し、国王処刑が決まったのです。
なにも国王を殺さなくてもよいのではないか……と思う市民は数多くいましたし、王党派と呼ばれる活動家たちは断固として処刑に反対でした。

処刑当日、血の気の失せた顔でサンソンは待ち続けました。
勇敢な王党派の活動家たちが、国王奪還に訪れることを。奇跡が起きて、国王が救われることを。
しかしそれは叶わぬ願いでした。

サンソンは王の首の上にギロチンの刃を落とし、血の付いた首を群衆の前に掲げました。このときサンソンは、誰にも見られないように、国王の血にハンカチを浸しました。

 

威厳に満ちた王妃マリーアントワネット。
心優しく、天使のように善良なルイ16世の妹・エリザベート王女。
大勢の貴族。
科学者。
革命の闘争に敗れ去った政治家。
「処刑されればあの世で夫に会える」と、おしゃれをして軽い足取りでギロチン台に上る政治家の未亡人。
不運なめぐりあわせで杜撰な裁判に巻き込まれ、死刑判決を受けた少女。
……と、その数、実に2700人ほどにのぼったのです

サンソンはストレスのあまり、耳鳴りや幻覚、手の震えに悩まされました。
何百人も斬首し続けるため、助手の確保やギロチンのメンテナンスにも金がかかり、家計も火の車です。それでも先祖代々のつとめをサンソンはこなさねばなりませんでした。

およそ2700名を処刑した4代目サンソンがようやく引退できたのは、恐怖政治が終わりを迎えた1794年の翌年、1795年のことでした。

4代目サンソンは人間味にあふれ、心優しい人でした。
革命と恐怖政治の時代、死刑執行を決めた政治家は憎まれ、彼ら自身もまたほとんどが処刑されることになりました。

しかし、サンソン自身の死を望む声はまったくあがりませんでした。
むしろ遺族たちは、死の直前まで死刑囚に優しく接し、希望をかなえてあげたサンソンに感謝の念を示すほど。

サンソンはルイ16世の血のついたハンカチを家に持ち帰り、僧と修道女に頼みこみ、国王のためにミサも行っています。

当時はカトリック信仰すら否定されていた時代です。しかも処刑した王のミサです。
発覚すれば死の危険があるにも関わらず、カトリック信仰がナポレオンによって認められるまで、10年ほどにわたりサンソンは秘密のミサを続けました。

そんなサンソンの夢は、フランスが死刑制度を廃止することでした。
冤罪の人を殺さないために。犯罪者にも立ち直る機会を与えるために。そして、自分たちのような社会から蔑まれる処刑人一族を生み出さないために。死刑制度は廃止されるべきだと、生涯願い続けたのです。

彼の願いがかなったのは1981年。
サンソンの死から150年後のことでした。~

 

洞窟の中で、

幻想が真実とおきかわり、おびただしい存在の絶望や憂いを

ひたすら理解し、その真実を越えることをいのる母性の苦悩ははかりしれない

一人ひとりの存在が、自己完結の道のりに入り賛美できる

シャングリ・ラを夢みた

女神の夢

あなたの夢の実現のお手伝いをします

 

2017/9/28 上弦の月 code:Y

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広告

MAの素顔

FullSizeRender (24)

 

マリー・アントワネットの調香師/ジャン・ルイ・ファージョンの秘められた生涯より

ファージョンがプチトリアノンにて王妃マリー・アントワネットと二人で会話をした時の回想~

マリー・アントワネットが背筋を伸ばして颯爽と歩く姿は神々しく

宮廷の最高権力者であることを認識させる。

それでいて持ち前の柔らかな物腰と

暖かな好意を失うことは決してなかった。

王妃にじかに会ったことのない者に対して

その慈悲深さと、高貴さが交錯した姿を説明するのはとても難しいことだろう。

自身の庭であるトリアノンでは、王妃の足どりはいつもと違っていた。

草花をなでるように、かろやかにくつろぎ、そんな中でも尊厳を忘れることはなかった。

 

王妃という人物が、大衆から揶揄されるような人物像とは全く異なり、

とても温和で正直で、尊大な態度や大げさな身ぶりをとらずとも

高貴であったことを思い出した。

ややもすると注意深さに欠けるかもしれないが、

王妃の兄が口にするように

「頭が風の吹くほうに」向いているだけなのだ、と強く感じとっていた。

王妃自身、まわりの者が幸せになることを喜びとし、

彼女に不満に感じて離れていかないことを望んでいた。

王妃のシンプルさはただの見せかけではなかった。

侍女らが言うとおりに、実に質素な暮らしをしていたのだ。

朝はカフェかショコラで、肉は白身の肉だけをとり、

水はダヴレー渓谷の湧き水だけ、この水だけが消化できたらしい。

夜は透明なスープを飲み、鶏の手羽や喉を潤すために水を飲み

時々ビスケットを浸して食べた。

 

 

ファージョンはこの時、マリーアントワネットからトリアノン香水の調合を依頼されています。

理想郷、桃源郷、シャングリ・ラ、サンクチュアリの波動に満ちた香りでしょうか。

ファージョンは音楽を奏でるかのように創りたいと考えました。

 

核となるローズアブソリュート(純粋なバラ)の官能的で守護神のよう

そのまわりを高価なエッセンスがとりまき

そよ風に似た子供のキスのような幸福な気持ちを呼び込むオレンジフラワーエッセンスで

酔いしれんばかりの豪華な香り・・・

ラベンダーは落ち着きを与え

シトロンの実、ベルガモットの精油は表現の幅を広げる

ギリシャ神話でゼウスの使者に名づけられ「奇跡の粉」とも呼ばれるイリス

暖かい光線のように広がるその香りは唯一の香りであり力強く、毅然とし

限りなく慈悲に満ちた者にこそ似つかわしい

プチ・トリアノン宮の庭に光を与えるジョンキル(黄水仙)は荒っぽくて魅力的

豊かさと心の内側というメリハリをつける

すべてを与えずとも愛されることを知っているジャスミン

王家の紋章でもあるユリは輝くような精神を表現し

セクシーな香りを放つチュベローズ(月下香)

バニラは暖かみと食欲を呼び

トリアノンの小路に植えられているヒマラヤスギと白檀の木々

庭園の長い小路を動物的にセクシーに演出するアンバーとムスク

香りの深さを強調しながら少しずつ香料を加え全体のバランスを調整する

このトリアノン香水はマリーアントワネットの夢、シャングリ・ラが凝縮した香り、波動

完成を見た事は幸い

 

2017/9/28 code:Y

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

潔さの対極

潔さの対極にあるのは、償おうとする心

償いは、自らの選択の結果が公平であることを認めず帳消しとするあさましい心

償いは自らの心の神殿を深く傷つける

女神は癒されることはない

選択したのは他ならず自己であることを認め

何を恐れ、何に執着したかを瞳を開き揺るがない存在への信頼の中で解き放つ

女神は享受されない世界に存在することに限界を迎える

限界を越えるのは解き放ち

2017/9/26 code:Y

IMG_9319

女神のいのり

女神は人々の理想郷、桃源郷、シャングリ・ラ

愛の神殿はサンクチュアリ

どんなに消し去り葬ろうとしても

その香りは消えることなく在り続ける

そう、女神の痛みは在り続けることにある

女神の痛みが癒えるのは、

すべての存在がサンクチュアリに穿ちいり、シャングリ・ラを享受することを

自らに許可をだすこと

許可を阻む、拒む理由は何一つ存在せず、正当性を担保する知恵も存在しない

それがこの宇宙の理

2017/9/25 code:Y

命あるうちに

わたしの中心に伝えたいといういのりが存在することを何よりもどんなことよりも

たいせつに、たいせつに

時間という幻想の向こう側へ 彼岸

2017/9/23 code:Y

CCF20130808_00000

母なる大地の彼岸

IMG_9305
   彼岸花、曼珠沙華
Lycoris Radiata
ヒガンバナ科・ヒガンバナ属
Spider lily

『情熱』『独立』『再会』『あきらめ』『転生』『悲しい思い出』『思うはあなた一人』

『また会う日を楽しみに』

■ 色別の花言葉

白色:思うはあなた一人/また会う日を楽しみに
赤色:情熱/独立/再開/あきらめ/悲しい思い出/思うはあなた一人/また会う日を楽しみに
黄色:追想/深い思いやりの心/悲しい思い出

年々気候の変動が激しさを増しますが、曼珠沙華は今年もお彼岸に一斉に咲き始めました。

咲く事を忘れず、お彼岸その時に開きます。

曼珠沙華は死や不吉なイメージや様々な迷信もあり、

まるで、その記憶そのものを忌み嫌うかのようです。

あまりに悲しいからです。

今年のお盆は「宇宙のお盆」でした

そして「宇宙のお彼岸」を迎えます。

 

いま、聖なる母性の痛みが分け御魂の悲しみが膿みとなり吹きだしています。

その膿はこの世の色とは思えない目を覆いたくなるほどの色彩を放っています。

それほどそれほどの悲しみや憂いの集積です。

母なる大地の癒しに必要なのは「潔さ」

一人ひとりの選択が目を覆いたくなる結末を迎えた記憶を認めること、受け入れること

何と引き換えに魂の真正さを放棄したかを知る時

そして「いま」この瞬間に新たな選択とともに母なる大地の底に沈殿した記憶が昇華し

癒しをもたらします。

 

「宇宙のお彼岸」のテーマは「富士山」

(日本の神託カードより抜粋)

日本を感じなさい

日本という国を見直しなさい

八百万の神々と

そして言霊が幸わう大地のエネルギーを感じなさい

あなたの中の潔さと気高さ、寛容さと思いやりを感じなさい

わたしは日本のシンボル

静かにそびえるが、火の山であり、

若く力強い龍も存在する

2017/9/22 code:Y

風にのって秋のかおり

最近は大胆な気象を体験するようになりましたが、

それでもお彼岸が近づくと彼岸花が花ひらきはじめます。

日差しも夕暮れ、黄昏時が早くなり、

野焼きのかおりや、金木犀のかおりがどこからともなく運ばれてきます。

虫の鳴き声にあわせて、心の調律もすすみます。

明日の新月を迎え彼岸に渡るにあたり、

とくに今回は、DNAに存在し引き継いでいる情報の大断捨離のチャンスです。

要するに過去の繰り返し体験している流れを当事者それぞれのエゴが混在した

善悪から離れ純粋に種を見出し、

自分の真実ではない事を情から離れ、断つ選択を新たに行い実践する。

その際、過去の自分自身の選択を的を得て整理することに多大な恩恵が

もたらされるようです。

「断捨離」

断わり捨て離れる

これは、対象物に対してではなく

自分自身の真実に忠実ではないことの正当性の知恵に対してということです。

三つ子の魂百までもという諺がありますが、

幼少期に体験した、あるいは受けた衝撃、呑み込んだ価値観が

どれほどこれまでの人生そのものにみえないメガネをつけていたかを

真実を選択する恐れを生産しつづけてきたかを体験的に知るチャンスでもあります。

それは、DNAにセッティングされている情報です。

善悪に縛られ、感情が動いている状態は再生の真っただ中。

されど、ふと

どうしてわたしはこんなにも同じことを言い続け、同じ感情を体験しているのだろうかと

自問自答していきたいものです。

自分を映し鏡の鏡のように見ようとしない正当性を証明しようとすればするほど、

善を主張し悪を責めることになります。

単純にその繰り返しは愛や癒しに繋がりますか?と

2017/9/19 code:Y

IMG_9294

 

乙女座の新月

IMG_9289
風が吹かず、密封されたようなお天気から
突然風が吹き出し
一気に台風が押し寄せて来ました。
今のこの時間は、秋の虫たちがまた一斉に大合唱しています。
昨日から、我家では、家具等の大移動がはじまりました。
三男が、一緒に暮らすこととなり、部屋の準備を進めています。
七人と一匹、更に大家族での生活となります。
また毎日、手づくりの料理を食べさせてあげれることは至福です。
子どもたちが育った環境は実に波乱に満ちていましたので、
今、その選択の豊かな実りを一つひとつ受け取っています。
そうした時を子どもたちと持てることは
わたしたち夫婦にとって、最も喜びに満ちた瞬間です。
この新月のテーマである取捨選択で最も大切な事は
その意図となります。
その意図はもう2018年の扉を開けます。
魂が納得する、自分の真実に道をあける選択に的を得ているか否か。
その意図から「恐れ」を捨てるための観察や考察によって準備したいものです。
今時間という概念がほとんど消滅しています。
意図に混在している「恐れ」はあっという間に現象化します。
持てる種が発芽し収穫までに時間という軸があったということは、大いに助けとなっていました。
その期間に誠心誠意、最高最善、「わたし」という存在に敬意をはらい種の整理を
「わたし」と一対一で取り組むというこの世界では最も孤独の道を歩まれたことでしょう。
2017/9/18 code:Y
以下転載させていただきます。
【新月が起こる場所】乙女座

【新月になる時刻】9月20日14:30

【ボイドタイム】 9月20日14:31~19:07

【乙女座新月のキーワード】「分析力」「整理整頓」「修理・メンテナンス」「実務能力」「健康管理」……etc.

12星座で一番、整理整頓能力が高いと言われる「乙女座新月」の到来です。

物ごとを分析して取捨選択を決めたり、

健康管理のために新たな生活習慣を打ち立てることなどにとても適した才能を持ちます。

特に今回の新月は、月と太陽のみならず、水星、金星、火星も乙女座に滞在している状態。

よりパワフルに乙女座の分析力やメンテナンス力を授かることができるでしょう。

そして、この新月の3日後には、昼と夜の長さが入れ替わる「秋分の日」が、

さらに翌月上旬には、年に一度の「木星移動」と、立て続けに、

占星術上の大きな運気の切り替わりがおとずれます。

いずれの星回りも「自分の環境」や「深層心理」など、日常的に自分を取り囲んでいるものが

大切になってくる暗示です。

今回の乙女座新月は、そうした変化の前の「心身や環境のメンテナンス」に最適。

これからのシーズンの幸運をつかめるように、乙女座新月にお願いごとをしてみましょう!

「乙女座新月」にオススメのお願いごと

今回の乙女座新月は、「深い変容」が促される部屋で起こります。

「なりたい自分」への変容を妨げているものは何でしょうか?

乙女座の分析力・管理能力を使って、よりよい環境や心身を作れるようなお願いごとをしてみましょう!

★お願いごとの例★
「規則正しくて美しい生活習慣を身につけた女性になる」
「仕事に対して強い責任感を持てる人になりたい」
「長年片付けられないでいる部屋をキレイに整えられますように」
「栄養士やアロマテラピーなど健康管理に関する資格がほしい」
「細やかな気配りができる人になりたい」
「健康的にダイエットを成功させる」……etc.

 

 

天空に輝く乙女座は、大地の女神デメテルか、その娘のペルセポネだと言われています。

その中でひときわ明るい星・スピカは、女神が持った麦の穂の象徴。

きちんとした手入れや管理によって手に入った「輝かしい収穫」です。

私たちも乙女座新月できちんと自分の心身や目標をメンテナンスして、

豊かな実りの秋を迎えていきましょう!
(永沢蜜羽)

時は満ちて

地球の意志が神格化した存在

母なる地球そのものであり、

女神の中の女神であり、

大地母神

絶対母性

安定した父性の確立を促す存在

人々の心を読み寄り添いもっとも多次元的な視野で未来を見通す先見性

意志を統一し意志を決定する迷いのない決断力とともに在り

平等、結果公平に実直であるところから表裏のない普遍性を持つ

真の為政者

あの世とこの世を繋ぎ、理解し、許し、愛することの究極の祭祀者

菊理媛命であり瀬織津姫であり、マリアマグダレーナであり、イシスであり、

シバの女王でありアルテミスであり、楊貴妃であり、新羅の女王である

人々のこころの奥深くに通ずる叡智の源である

この叡智によって男性性、父性は育まれることを

求め、回想する者は幸い

その性質が顕現する

 

聖書に登場「マグダラのマリア」はこんな顔、遺骨とされる頭蓋骨から復元

 

マグダラのマリアを主人公にした初の伝記映画、続々とキャストが明らかに

 

7月22日の「マグダラの聖マリア」記念日、今年から祝日に格上げ 「真に信頼すべき福音宣教者」と認定

 

2017/9/16 code:Y

 

IMG_9283

吉兆(追加記事有)

 

小動物園に出向きました。

飼育員の方々の動物への愛情を感じる事のできる気持ちのいい空間です。

ある鳥に出会いました。

近づいてみるととても繊細で優雅で高貴な自然の巧みな紋様、アートなのです。

人間が意図的に創ろうと思ってもとても産み出せない芸術だと思いました。

純粋な意図がこれほどまでに見事なアートになるのですね。

いつまでも見入ってしまいました。

「吉兆」そんな言葉がぴったりな紋様です。

 

いけにえを差し出しある種の利権を得る契約を結ぶ、いわゆる黒魔術について

考えてみたいと思います。

黒魔術と聞くととてもダークな、そして自分たちの生きる現場とは程遠い感覚を

持つ方が大多数です。

「いけにえ」という言葉に特定の命を犠牲にする明確なイメージから

よもや自分自身がそのようなところに関わる由縁はないと思うのです。

記憶の中には、実際その現場に携わり、それが深く印象づけられ、

罪悪感や絶望感や恐怖といった感情と密接に繋がっていることが

往々にしてあります。

その「いけにえ」は、生きていく上で、とても大切なご自身のあらゆる真実と

言えます。

その「真実」と引き換えに様々な幻想を手に入れることになります。

恐ろしいほどの罪の意識から目をそらす

自分自身の容認、評価

常識という価値観からの非難、社会からの排他から身を守る

お金を得る

優劣

など

これらのためにに大切な「真実」を明け渡すその代償はあまりに大きいことが

9/9を境にはっきりとしくるのではないでしょうか。

それは、菊理媛命の側面でもあります。

「いけにえ」の記憶の現象を容認し加担するということも同じです。

そしてその記憶の再生を繰り返す事を正当化する知恵は

何度も記しますが通用しません。

自らを見通す第三の眼は閉じられ

頑なさはやがて自らのハイヤーセルフとつなぐチャクラを縛り断絶します。

石化することとなります。

黒魔術の「いけにえ」は

こうして人々が自らの真実を受け入れるまで消える事ありませんでした。

しかし、菊理媛命の剣がふるわれるということは、

過去形となるということではないでしょうか。

2017/9/14 code:Y

恐怖という制限の信念のもっとも深い部分に刷り込まれている「ブロック」を取り外すために 3

より抜粋させていただきます。

あなたがたのエネルギー欠乏に対する

恐怖は、地球を破壊させるほどのパワーを持っているということに

気づく時期が来ているということさ。

お金、燃料、食料、保障制度、家族と家システム、、、、

ありとあらゆるあなたがたが

生み出してきたシステム、エネルギーが

欠乏に対する恐怖を基盤によって

作られたものだ、、という意味を

理解しなければならないだろう。

そして、その究極のシステムが

あなたがたにとっての「愛」という概念だよ。

「愛」がどんなエネルギーなのか、体験したこともないのに

「愛」という言葉だけは

とてもよく使いたがる・・・。

「愛」という言葉を入れておけば

すべての矛盾や問題が

曖昧に、帳消しになってしまうのが

罠でもある。

そして、「愛」という言葉に騙されて、

その本質がなんであるかも

まったくわからないまま、

その言葉を使いたがるひとたちほど

恐怖のシステムを

増強させているのだから

もうどうにもこうにも

ならない。

あなたがたはそうやって

結局、一生、失うことに

潜在的に怯えつづけて、怖れつづけて

生きているということだ。

じゃあ、怖れとは何なのか?

それは、失うことに対する

確固たる信念であり、あなたがたに取っての

唯一の「真実」。

お金が欠乏することを怖れるから

銀行を生み出し、

銀行が潰れる怖れから

保障システムを生み出し、

保障システムが壊れる怖れから

軍隊を生み出し、

軍隊が負ける怖れから

さらなる破壊システムを生み出し、

それでもまだ足りないので

核シェルターを生み出し、

核シェルターが破壊される怖れから

より巨大な破壊兵器システムを生み出し、

そのより巨大な破壊兵器シスムが負ける怖れから

自分以外のすべての他者を殺す・・・。

という怖れのリアリティの中に

あなたがたは

永遠に閉じこめられている・・・

毎日、「愛」という言葉を語りながら・・・。

あなたは目の前の他者に

「愛しているよ」と囁きながら、

愛するひとが

裏切りることを

愛するひとが

自分のために

与えてくれなくなることを

いつも怖れながら・・・ね。

あなたは

いつもそうやって

怖れの世界を自分でつくりあげて

一生、愛を語って

生きている。

その失うという「怖れ」に満ちた世界から

常に抜け出したいともがきながら、

失うことを怖れることが

実は怖れを生み出していることに

気づく間もなく

その世界の中で

「抜け出したい」と葛藤している。

しかし、むしろ積極的に閉じこもっているんだよ。

わかるかい?

あなたが怖れている

「失うことに対する恐怖」の根源は

あなたの意識のなかには

何もない・・・

つまり、愛がない・・・

と言う怖れから

発しているものなんだよ。

ここを理解し尽くさなければ

次の段階へ

上昇することは

不可能なんだよ。

わかるかい?